みなとみらいでウィークリーマンションを探すコツ

賃貸マンションの中でも、短期賃貸マンションと呼ばれるものがあります。一般的な賃貸住宅とホテルの中間に位置すると考えるとわかりやすいですね。期間は1週間から数か月までさまざまです。ウィークリーマンションやマンスリーマンションとも呼ばれています。旅館業に則って運営されているか、不動産業に則って運営されているかにより、2種類に分けられています。前者であれば審査不要で1泊からの利用が可能です。後者になると事前申し込みや入居審査があります。利用者からすると、利用する際にどちらなのかを明確に判断する事ができない為、注意が必要になってきます。これらの賃貸マンションは人口の集中する都心に多く、東京や横浜、みなとみらいなどにもあります。短期で利用する事が可能な為、出張などには便利な賃貸物件になります。

ウィークリーマンションについて

短期賃貸マンションの中でウィークリーマンションは、主に1週間単位で借りる事の出来るマンションです。但し契約期間に明確な定義が無いのが現状で、短ければ1日単位、長ければ年単位で借りる事も可能な場合があります。あらかじめ家具家電が備え付けられているのが特徴で、部屋の鍵を受け取ればすぐに利用できるようになっています。ホテルに滞在するには日数が長い場合や、普通に賃貸を借りるのでは長すぎる場合に利用されます。つまり短期出張から長期出張まで網羅できるという事になります。注意したいのは、先述した通り運営が2種類あるという点です。そして、運営会社によって家賃の支払い方法が違うという点も、注意しておきましょう。では、みなとみらいに焦点をあてて、ウィークリーマンションを探すコツをお話ししていきましょう。

ウィークリーマンションを探す為のコツ

みなとみらいにおいてウィークリーマンションを探すには、インターネットで検索するのが手っ取り早いです。より効率的に検索する為に、条件を絞っておきましょう。立地や費用はもちろん、契約期間や設備も確認しておきましょう。実際に気になる物件を見ておきたいところですが、多くの場合はそんな時間も無く借りる事になるでしょう。気軽に借りられるのが、ウィークリーマンションのメリットです。その反面、デメリットもあります。運営会社によっては、家賃を一括前納するという場合もありますし、解約時に返金されない事もあります。多くの場合は重要事項の説明が無く、解約の手続きが面倒だったり、違約金の規定が明確でなかったり、問題発生時の責任の所在が曖昧だったりします。契約前にはそういった事柄をしっかりと確認しておきましょう。